ブッシュクラフトの本 川口拓さんの書籍がおすすめな理由

Natural Quest24日目 レベル1

Natural Quest 23日目 (ブッシュクラフトを体験しよう!講習に参加して脱初心者になる!)
↓からの続き↓

この記事では、ブッシュクラフトの師匠、川口拓さんの本についてお話しています。

ブッシュクラフト 大人の野遊びマニュアル
レビューします(・ω・)ノ

スポンサーリンク

ブッシュクラフトの本 どれ持ってる?

ブッシュクラフトを始めたいと思って、初心者ド素人の私は
ブッシュクラフト関連の書籍を2冊買っていました。

ブッシュクラフトの本

森の生活図集
ブッシュクラフトスキルワークブック(サクラムック)

冒険図鑑
野外で生活するために(Do!図鑑シリーズ)

です。

ブッシュクラフトに興味を持った段階で購入した上記2冊は、ブッシュクラフトの師匠にと早い段階から決め込んでいた川口拓さん著書のものではありません。

川口さんからの学びはオンライン講座の地球生活術で行っていたため、書籍の購入は一旦保留にしていたのですが

川口さん主催のブッシュクラフト講習に参加を決めた時
持ち物リストの中に


ブッシュクラフト 大人の野遊びマニュアル

これが含まれており
講習当日購入できる様でしたが、先に予習しておこうと講習前に購入することにしました。

どのみちどっかのタイミングで買おうと思っていたし
+゚*。:゚+(人*´∀`)+゚:。*゚+.買ッチャオ

私の手元にあるブッシュクラフト関連の書籍は全部で3冊となりました。

川口拓さんの本について

川口拓 本 書籍

電子書籍 kindle版 と単行本
があります。
(試し読みされたい方は、↑のリンクからAmazonサイトでご覧いただけます)

kindle版の方がお値段がちょっとお得ですが、私は断然単行本派。

山など自然の中に持ち込むとしたら、電池切れたら使えなくなるものを選ばなくなってきました。

単行本は、既に持っている2冊よりも重量感ありますが、カラー写真と見やすいイラストが多く、一気に読めます。

読むというか、自然の世界に引き込まれるイメージです。
本を開くと
風や
茂みを歩く音や
鳥の声も聞こえそうな感じで。

それはおそらく、先に川口さんの教えをオンライン講座の(地球生活術)動画で繰り返し見ている影響が少なからずある気もしますが

自然の中に自分もいるみたいな感覚がとても心地いい書籍です。

私がまだこの本の存在を知らなかった時、川口さんがブッシュクラフトで使ってる道具がなんなのか知りたくて、必死になってネットで調べたのですが
(この記事→ブッシュクラフト 師匠が持ってる道具まとめてみた
そんなの比じゃない程、川口さん愛用グッズが完全網羅されて載っています。

早くこの本、買っとけばよかった~
と。
(買いたいものが増えます、確実にw)

ブッシュクラフトの技術や楽しみ方
道具のメンテナンス
野草についての知識
ネイティブアメリカンの教えなどが盛りだくさんで

その作業を行うエネルギーの消費量と獲得できるモノは見合ってるのかなんて観点でもお話しくださっているので

「自然の中で過ごす時間は、自分の持つHP(エネルギー)についても考えなきゃいけないんだな」
とか
「無駄な動きは控えて、作業効率なんてのも考えられる様になりたいな」
とか
自分の中にまだない視点に気付き、視野が広がりました。

ブッシュクラフトの入門本としてのおすすめポイント

川口拓さんのブッシュクラフト 大人の野遊びマニュアル
には

本書は、このブッシュクラフトの魅力をお伝えしつつ、
野外生活を快適にするための知識や道具、その製作法を紹介する指南書です。
ちょっとしたキャンプにも、
このブッシュクラフトのテクニックはすばらしいスパイスになりますし、
実際に災害に見舞われた際には
自身の身を守る知恵と技術が役立ちます。
また、ブッシュクラフトの先人たちの普段の生活から生み出された生活の知恵といえます。
古くて新しいこの野外生活術は、多くのアウトドアマンにさらなるレベルアップを約束します。
ブッシュクラフト 大人の野遊びマニュアルより

とあります。

まだビギナーで右も左も分かっていない私の様な素人や、すでにキャンプなどを楽しまれているアウトドアマンにも必ずレベルが上がることが約束されています。

引き込まれるように読破して、本当にその通りだなと思います。

ビギナー視点で言わせていただくと

この本が1冊あることで、やることが見えてくるんです。

( *´艸`)やってみたい

と思わせられて終わりじゃなくて

(/・ω・)/あ、これやろう

と行動できることが見えてきます。

例えば
着火剤には色々あるけど、どれを使おうか、どれを持ち歩こうか、それぞれの良し悪しを自分で試して判断して自分で選ぶようにと仕向けてくれること

野草についての教えは、ただ『この野草が食えるよ』と写真やイラストを添えるのではなく、野草の見分け方の勉強法を教えてくれていること

自然界における危険は虫や動物からだけではなく、天候などにも気を付けなければならず、『例えば雷は?どう発生してどう避ければ良いのかを自分で調べて紙に記そう』と、記憶に残る学び方を教えてくれていること

よくある話ですが
ダイエット本など、読んでやったつもりになって終わる
・・ではなくて

川口拓さんの本は、きちんと行動させる本です。

何からやればいいのか迷子中の初心者にこそ、入門書としておすすめの書籍なんじゃないでしょうか?
(*‘∀‘)レベルアップしますよ。


次の
Natural Questは、【コラム】本当に必要なものって何だろう?についてです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました